2006年06月22日

米国産牛肉の輸入再開にBSE調査会を利用

文藝春秋 2006年 06月号

文藝春秋 2006年 06月号 [雑誌]

21日に米国産牛肉の輸入再開で日米政府が合意しましたが消費者の意識は60パーセントが現段階では輸入反対なようで大手スーパーや牛丼チェーンでは販売を再開しないところも多い。全米肉牛生産者協会は対日制裁を発動に圧力をかけている。政府も日米関係を考えれば余り長く反するのは得策と考えていない。

文芸春秋の6月号はBSE調査会は米国に屈したという題名で
日本生物化学研究所東京大学名誉教授の山内一也前委員会が告発的な文を書いているので興味深く読んだ。以前文芸春秋では「食料植民地ニッポンの危険な食べ物」で、青沼陽一郎氏がハンバーガーが危ないと警告している。米国牛は成長促進ホルモン剤を投与されている。EUも「エストラジオール」というホルモン剤には発ガン性があるとしてこれ使用した米国産牛肉を輸入禁止しています。そんな情報がある文芸春秋はためになる雑誌。実は年収1000万以上の人が読者層ではいちばん多い雑誌です。
posted by メナモミ at 09:14| Comment(3) | TrackBack(2) | 総合・文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

正論 メディア排除佐藤栄作とホリエモンの場合

正論
正論という雑誌の11月号で衆院選で広島6区から出馬したホリエモンことライブドア社長、堀江貴文が落選した翌日9月12日の記者会見でNHKテレビを締め出したことと、昭和47年6月、佐藤栄作元首相元首は退陣会見で新聞をしめだしたことのを対比させた論調がある。この正論という雑誌は世界を客観的に読者に考えさせる材料を与えていて他誌にない論点がありおもしろい。メナモミ
posted by メナモミ at 21:06| Comment(7) | TrackBack(0) | 総合・文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。