2006年06月29日

ウィンブルドンテニス杉山愛3回戦進出

TM.gif

テニスマガジン (Tennis Magazine)


昔広島でアジア大会があった時見に行きました。その時すごい勢いのあるサービスを何度も練習している選手がいました。それが今日本のエース杉山愛さんでした。その時は伊達さん全盛の時代。彼女や遠藤 愛さんの練習風景も楽しかったものです。

テニスマガジン6月号はその遠藤 愛さんの解説スタープレーヤーのバックハンド完全ナビということで参考になりそう。私も仲間とダブルスを楽しんでいますが壁にぶち当たったときや新しいテニスラケットやシューズの情報を得るのにテニス雑誌を利用しています。昨日杉山愛さんが森上亜希子さんを6―2、7―5で破ってウィンブルドン3回戦進出を決めました。次のマルチナ・ヒンギスに勝ってほしいものです。
posted by メナモミ at 16:40| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

サッカー日本代表新監督、イビチャ・オシムの名が

number

ナンバー(Sports Graphic Number)


ワールドカップ日本代表が初戦のリーグ戦を勝ちあがれず帰国してきた。アジアの4カ国もすべて1次リ−グ敗退でアジア枠の減少もささやかれるなかジーコ監督の後任として日本サッカー協会の川淵三郎会長がJ1・ジェフ千葉のイビチャ・オシム監督の名を上げている。

ナンバー631号で [独占インタビュー] イビチャ・オシム「日本オリジナル、それが答えだ」 という特集が以前組まれていた。「負けたチームがどんなプレーをしたのかというところを見なくなってきていていて残念だ。観客の為に内容の良いプレーをしなくてはいけない。とジーコ監督の采配や選手起用批判は一節もせず世代交代の進まない日本の現状も勝つことが課されている今将来の事考えるのは難しいと言っていた。

ジェフ市原で就任初年度の2003年年間通算成績3位にさせ2005年初のタイトルを達成させた彼の手腕に日本サッカーの夢をたくそう。今回初戦のオーストラリア戦で日本の走れないのが印象に残った。オシムの「走るサッカー」に期待したい。スポーツ選手や監督のどう思いながらやっているか本音を聞きだせる雑誌がスポーツグラフィックナンバーだ。

今回中田英寿はすごくがんばったと思います。そんな彼の為に中田英寿 ブログ 雑誌 本というページも作っています。
posted by メナモミ at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

サッカー 日本代表 ドイツ ワールドカップ メンバー


週刊サッカーマガジン



ジーコ監督が5.15発表。23人の日本代表の完全ファイルを特集した雑誌が
ベースボール・マガジン社 から出版されています。2006/05/17発売号 (6/2増刊号)で580円。日本代表メンバーは◇ 中田 英寿 MF  ◇ 中村 俊輔 MF  ◇ 宮本 恒靖 DF  ◇ 小野 伸二 MF  ◇ 川口 能活 GK  ◇ 中澤 佑二 DF  ◇ GK 土肥 洋一 ◇ GK 楢崎 正剛 ◇ DF 田中  誠 ◇ DF アレックス ◇ DF 中田 浩二 ◇ DF 坪井 慶介 ◇ DF 加地  亮 ◇ DF 駒野 友一 ◇ MF 福西 崇史 ◇ MF 小笠原満男 ◇ MF 稲本 潤一 ◇ MF 遠藤 保仁 ◇ FW 柳沢  敦 ◇ FW 高原 直泰 ◇ FW 玉田 圭司 ◇ FW 大黒 将志 ◇ FW 巻 誠一郎 ◇ FW 柳沢  敦です。

ドイツ芝生を駆け巡りゴールシーンを沢山見れるといいですね。

日本代表スタッフ一覧や対戦国シミュレーション 1 オーストラリア 2 クロアチア 3 ブラジル ドイツ・ベニュー&スタジアム紹介 などもあります。
posted by メナモミ at 14:16| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

月刊ダイバー ダイバー社発行のダイビング専門誌

月刊ダイバー
月刊ダイバーというダイビング専門の雑誌があります。空気タンクを背負って海の中を泳ぎ楽しむ趣味を私もやっていましてずいぶんこの雑誌月刊ダイバーにもお世話になりました。

夏が終わっても水温はまだあまり低下していない今からの時季が実はダイバーにとっても快適なダイビングの時季です。夏ほど気温は暑くないし人も多くないので私も沖縄は高知の方へこの時季に行っています。そんな時何処のダイビングショップを選びどんなダイビングポイントでどんな魚を見るかというのは潜りに行く上で知りたい情報。それを満たしてくれるのがこの
月刊ダイバーでした。写真も多く、美しい。レポートも偏りがなく詳しい。ぜひ売り切れで泣かないためにも年間定期購読という方法がいいでしょう。

月刊ダイバー関連した雑誌に◆マリンダイビングダイビングワールド海と島の旅 などあります。
posted by メナモミ at 15:24| Comment(2) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。