2006年08月06日

エネルギー・環境問題を考えよう

環境ビジネス

環境ビジネス

アメリカを今記録的熱波が襲っている。2日、ニューヨークでは38度、ワシントンでも37度。冷房のため電力需要は過去最高を更新。カリブ海上のハリケーンも温暖化で強大化し被害も大きくなってきている。そんなことからニューヨーク市場では2日原油先物価格が一時1バレル76.50$まで上昇した。それは何を意味するか。原油価格が1バレル60ドルを超すと、穀物を自動車燃料に転換したほうが農家の収益が増すようになるとアースポリシー研究所所長レスター・ブラウンは言う。ここでも前にニューズウイークでもバイオエタノールの生産。大豆、ヒマワリ種子の油を利用したバイオジーゼルの利用がブラジルで進んでいることを取り上げた。それはつまり将来食料価格の上昇と水の奪い合いがはじまることを意味する。そうすると食糧を輸入に依存する途上国は政治的に不安定を招きテロなどもおきやすくなる。だから人類が今までの生活を維持するためには少エネと少資源で生活するライフスタイルに転換しなくてはいけない。そんななけで環境ビジネスが今後の花形産業になってくる。そんな情報を得ることが出来る雑誌の定期購読で一番よく売れているのがこの雑誌環境ビジネス
posted by メナモミ at 13:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

今ブラジルをニューズウィーク日本版でも注目


ニューズウィーク日本版

W杯サッカー・F組「ブラジル×クロアチア」が明日3時45分NHKのハイビジョンで放送されます。日本もこれから対戦するので注目されている方も多いでしょう。だがブラジルといえばサッカーだけではありません。

地球温暖化が叫ばれる中バイオエタノールの生産。大豆、ヒマワリ種子の油を利用したバイオジーゼルの利用などこの分野では先進していています。今春日本の三井商事などもブラジル石油公社ペトロブラス社とのバイオエタノール共同事業化調査に関する合意する。韓国などのブラジルへの投資もさかん。そんなブラジルの特集ニューズウィーク日本版 2006/6/14号に組んでいます。この雑誌外国記者の目で日本を見るにもよい雑誌です。価格も400円2年の定期購読では300円とリーズナブルなところも気に入っています。
posted by メナモミ at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

money Japan (マネージャパン)


money.gif

money Japan (マネージャパン) 


雑誌マネージャパンの2月号を買ってみました。それは「株のニューリーダー達に聞いた。2006年ボクの勝ちワザ」
という特集に興味をもったからです。石田高聖、三村雄太、株之助降臨石橋明佳若林史江隼麟児DAIBOUCHOU榊原正幸などカブのカリスマ達の投資スタイルを学ぶことができます。それぞれホームページも開設していてここらかの情報も参考になるのでは。自分の投資スタイルを確立して確かな明日を築く一歩に役立つでしょう。その他MJ株・オブ・ザ・イヤー2006発表。新興株の逆襲。高金利・安全商品ガイド。誰よりもはやく税金を取り戻せ。などの記事と特別付録としてこれからの外貨投資の主役!よくわかる「FX」トラの巻などもあります。
posted by メナモミ at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

週刊ダイヤモンド ホンダ特集

週刊ダイヤモンド

週刊ダイヤモンド

という雑誌。今日発売の特集記事は
ソニーが失い、トヨタが畏れる
ホンダの突破力
です。株価も10年前の2000円台から7000円台に上昇過去最大。時価総額は6兆6000億円。
11月の米国での新車販売も過去最高に達しています。その強みは何処からくるのでしょう。
福井威夫ホンダ社長へのインタビューなどもありますね。

週刊ダイヤモンド

は ダイヤモンド社 から毎週月曜日 に発売されています。明日の株やビジネスのトレンドを予測するのに参考になる雑誌ではないでしょうか。
posted by メナモミ at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大前研一通信

大前研一通信

大前研一通信

という雑誌は経営コンサルタントの大前研一の発言や論文が読めます。

大前研一通信

は ビジネス・ブレークスルー 社 から発売日:毎月10日 に発売されています。会社の経営に新しいピジネスのヒントを得ることができるでしょう。
posted by メナモミ at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

企業実務という雑誌

企業実務

企業実務

という雑誌は看会社の経理総務人事部門の人に読まれています。どのように仕事を効率的にすすめればいいかというヒントが沢山。

企業実務

は 日本実業出版社 から毎月25日に発売されています。新入社員の人が会の実務に慣れるのにも良い情報源になるのではないでしょうか。雑誌を安く買う方法
posted by メナモミ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

「選択」という雑誌

選択
雑誌「選択」は「三万人のエグゼクティブ」を対象にした雑誌。最も多い読者は、大企業トップをはじめとした経営者層。政治・官界人、とりわけ国会議員のほとんどが購読しているので製作にも影響。サイズ はB5(257ミリ×182ミリ) ページ数 132ページ で分量は少ないが 国内外の四百人を超える第一線のジャーナリスト、学者、作家、さらには政・財・官界人らが多数参画していて情報内容は濃い。『選択』は、情報の「量」より「質」を重視して、1975年の創刊以来28年間読者の支持を得ている、書店では手に入らない、月刊総合情報誌です。約9万部弱発行されている。既存の新聞などではなかなか扱われないテーマが多くとりあげられ国際関係の情報も役立つ。前経団連会長、旭化成工業株式会社会長、オリックス(株)社長や立花 隆 筑紫哲也 椎名 誠 などの作家もこの『選択』という雑誌を信頼している。雑誌を安く買う方法

posted by メナモミ at 16:14| Comment(0) | TrackBack(1) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

月刊フォーブス Forbes日本版 携帯電話特集

月刊フォーブス
10日総務省から12年ぶりに携帯事業への参入が認められましたね。ソフトバンクとイー・アクセスとアイピーモバイルの3社。来年から別の携帯電話会社と契約しても、電話番号を変えずにそのまま使えるようになるので6社による競争でもっと安く使えるようにしてもらいたいものです。パソコン向けのデータ通信も高速なものを安く利用できるといいですね。

月刊フォーブスForbes日本版とゆう雑誌はホノエモンの話題でも紹介しましたが2005年12月号はトップストーリーに「携帯べんり端末」はビジネスチャンスがてんこ盛りケータイの進化は止まらない!という特集記事があります。第3世代(3G)の時代に突入し、次々と新サービスが生み出されている携帯電話業界。他の業界も巻き込んで拡大を続けるモバイルコンテンツ市場の展望を知ることができます。日本のパワフル経営者100、上場企業で活躍するパワフルな経営者ベスト100人オリックス会長 宮内義彦.日立製作所社長 庄山悦彦.三菱電機社長 野間口 有...の特集もおもしろそうです。
年間定期購読 で 格安な雑誌の一覧 2000
posted by メナモミ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

日経ビジネスという週刊雑誌

日経ビジネス
日経ビジネスは毎週月曜日に発売される日経BP社の雑誌です。今発売されている特集はグーグルとアマゾン。どちらもネット社会の巨大なマーケットをリードしている会社。宣伝の手法に口コミ情報を大事にする。アフェリエイトのプログラムを提供することで伸びている会社です。

グーグルのアドセンスというプログラム。自分のホームページにそのhtmlテキストを付け加えると自分のホームページの内容に即した広告が自分のホームページに付け加えられる。それをだれかがクリックするとそれだけで報酬がもらえるというものです。そのキーワードは人気のものは広告料金が競争入札みたいにだんだんと高くなる。わたしもアフェリエイトの一環としてすこしいれていますが1クリック0.1ドルぐらいなんですね。しかしすごいのもあるのです。日経ビジネスの目次に言葉の市場が出現「キャッシング」に1クリック3517円という見出しが。やはり消費者金融系で稼いでいる人が多いのですね。私はどうもそういうのは敬遠していました。


金利が年20パーセントなんてすすめられない。計画が甘い人はすぐ借金地獄になります。国は国民から1パーセントで借金して国民や中小企業は利息でしかかりられない。確かに返済にたいする信用度にちがいはありますがこれはおかしい。そんなこと考えてしまいました。だがその高い広告料金を払っているのはアフェリエイターのようですね。それほど金利が高いので新規の客を導入すれば金融会社としても報酬をだせるというわけ。いちばん損をするのはお金の利息を払っている人ですね。メナモミ
posted by メナモミ at 21:48| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

フィナンシャルジャパン 幸せな資産家

フィナンシャルジャパン
フィナンシャルジャパン
『ユダヤ人大富豪の教え』『スイス人銀行家の教え』の著者の本田健さん雑誌フィナンシャルジャパンで「幸せな資産家」の投資の秘訣と題して書いている。投資というと株や為替の取引関係をすぐ思いつく。そんなすぐ1億2億もうかりますみたいな本が多いがここでは幸せな資産家は、「自分への投資が、最も確実でリターンも大きい」といっている。そんな堅実で確かな情報をのせるこのフィナンシャルジャパンは信用ができるきがする。ネット利用でデートレードができる時代になったがその90パーセントは敗北しているのが現実。自分のお金を確実にいかに減らさず投資するかを考えるのにいい雑誌ではないだろうか。それがこれからの日本と私達の将来を幸せにするかどうかの鍵を握っているように思う。メナモミ
posted by メナモミ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan

ニューズウィーク日本版
ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanという雑誌の2005-11・2号のfoodの所にパワーフーズで病気知らずの体をつくるいう話題がのっていた。これは日本人の好きな話題。どんな食べ物が健康にいいかというもの。ザクロの抽出物が前立腺癌を抑制。キウイには、アスピリンのように血圧を下げる働きもあるしビタミンCも多い。リンゴはぜんそくのリスクを軽減し、肺癌を予防する可能性がある。スパイスは抗酸化作用が大きい。私はスパゲティをよく作って食べるがオリーブオイルは健康な体をつくり、とくに心臓にいいという。エクストラバージンオイルには抗炎症作用があり心臓病や大腸癌、アルツハイマーなどの防止に役立つみたい。ダークチョコレートも抗酸化作用があり、血圧を下げて血流をスムーズにするらしい。こんな話ものるんだなと関心したがこれは日本版だけかもしれませんね。メインな話題は小泉さんの靖国神社参拝に関連した「靖国反日のまぼろし」中国や韓国の反日感情の実像はいかなるものかニューズウィーク日本版らしい話題ですね。 雑誌を安く買う方法
posted by メナモミ at 20:42| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

リベラルタイム11はホリエモン特集

リベラルタイム
堀江貴文の研究と題する特集が10月3日発売の月刊リベラルタイムに載っている。

子供の頃はめだたない古墳の好きな少年。久留米大学付属中高校へ片道18キロの道を自転車で通学。ライブドアはフジテレビとの和解で1400億の資金を得たがそれは自社株の水増しで得た資金。Dキュービックによる月525円の無線ラン事業。ジャスダックホールディングの買収。108億はイーファイナンス事業。主にビットキャッシュとライブドア証券が売り上げをしめる。競馬、放送局、携帯電話外資が入れない所を抑え外資の投資を得る戦略。選挙音痴で逮捕されるような発言。など興味深い記事がありホリエモンはまだまだ注目の人。

雑誌を安く買う方法でも月刊リベラルタイムを紹介しています。
posted by メナモミ at 18:12| Comment(0) | TrackBack(1) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

日経ビジネスでホリエモンの選挙後後日談

日経ビジネス
日経ビジネス9.19
で堀江貴文氏ライブドア社長券最高経営責任者勝ってたら首相も見えたという記事があった。

亀ちゃんに対抗して負けたホリエモン。民主党の岡田代表に郵政民営化賛成と言わないと政権交代はできないと言ったが岡田さんにそれはできないと言われ失望。自民党武部幹事長にてんびんにかけているなどと言われ比例で重複立候補できなかった事。自民党で社長をやめないと公認できないと言われた事。飯島首相秘書官とそのことでやりあい最後は無所属で立候補になった事。選挙費用は宿泊費も含め2000万かからなかった事。常石造船の社長の姉神原弥奈子さんと友人であったので関係者にボランティア援助してもらった事などの記事を興味深く読んだ。
posted by メナモミ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

週刊東洋経済は日本の株・経済・経営の情報がわかる週刊誌

週刊東洋経済

株のバイブルともいえる会社四季報を出している出版社の中心雑誌がこの週刊東洋経済10月3日発売号でも国際経済日本企業の情報はもちろん今活況を呈している株についても特集している。

入門株式投資ではケータイでカブ入門−お昼休みを使って小金持ちとか伝説の投資家・竹田和平氏の投資銘柄徹底研究など得意の株取引の情報が盛りだくさんである。週刊東洋経済の株での王道の情報だけで安定して儲けている投資家も多いのではなかろうか。

また名古屋特集で・ 名古屋企業のポスト万博対策−反動減をどこまで抑えられるのか?といった地方都市の地域経済特集もあり面白い。

この雑誌も定期購読すると割引が高いのでオンラインでの予約をお勧めする。

posted by メナモミ at 17:30| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

外交フォーラム  都市出版発行の雑誌

外交フォーラム
昨日町村外務大臣設置した懇談会より対外情報収集機関の新設が提言されました。テロなど日本の安全にかかわる外国の情報を収集する体制が不十分だからということですが、いまさらそんなことと感じるものです。

諜報機関と言えばスパイ活動という意味もあり暗いイメージもありますがやはり今まではアメリカをたよりにしてきたことがいなめません。アメリカと中国の大国にはさまれる中でアジアの事を考え行動する為にはアメリカに頼りきった防衛や外交というものを見直す必要があるのではないでょうか。直ちに政策に反映させるという事は難しいかもしれませんが情報の収集は必要です。

国の外交のあり方を主題にした外交フォーラムという雑誌があります。10月号は「東アジア共同体形成に向けて―歴史的転換点に立つアジア」と題した特集があり

*21世紀日本外交の戦略的課題
*地域統合への理念と道筋-いまなぜ東アジア共同体なのか
*事実上の経済統合と2020年の東アジア
*「共に歩み共に進む」真の地域主義の設立を

などの特集がありますので今後アジアを考える参考になります。中国と共に東南アジアブロックの統一した未来像を作りたいものです。
posted by メナモミ at 14:01| Comment(1) | TrackBack(1) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

月刊エネルギー   日本工業新聞社発行の雑誌

月刊エネルギー
イギリスでは新聞社の誤った報道でガソリンのパニック買いがおきているようでそういう事がおきると本当売り切れてガソリンが手に入らない。

ここでエネルギー総合専門誌として、電力、石油、石炭、ガス、新エネルギーなど、エネルギー産業の発展に寄与すると共に、将来のエネルギー問題の解決に広範囲な意見提言するのが月刊エネルギーという雑誌。の8月号では代替エネルギーの記事が載っている。

クリーンエネルギーの時代 太陽光発電の現状と展望
「CO2排出削減目標の達成には原子力が必要」
など 代替エネルギー開発に拍車がかかる。


posted by メナモミ at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

月刊 Forbes (フォーブス)日本版 ホリエモンの写真

選挙には敗れたホリエモン。いつも負けているがビジネスでは儲けている。億万長者にはかわりがない。
堀江貴文 写真
月刊 Forbes (フォーブス)日本版
という雑誌の2005年9月号7月22日発売の表紙はライブドア社長のホリエモンこと堀江貴文が表紙を飾っている。世界ネットの総合ビジネス誌。歴史を誇る米国「Forbes」誌と特約。世界的ネットワークで、世界と日本の厳選されたビジネス情報を読むことができる。

米フォーブス誌特選情報 RANKING日本の大富豪トップ40
に 番付最年少で堀江貴文ライブドア社長がランクイン。

今回の調査によって、日本人は資産が10億ドルを超える億万長者が一族を含めて29人存在することがわかった。一族ではサントリーの佐治信忠氏、竹中工務店の竹中統一氏等で、一代で財を成した企業家では孫正義ソフトバンク社長、重田康光光通信会長、番付最年少の堀江貴文ライブドア社長等だ。
 

posted by メナモミ at 11:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

ホリエモンは小学生の時からプレジデントを読んで..

個人演説会で有権者と握手するホリエモン

ビジスタという雑誌に乗っていた話。今選挙に立候補して話題の堀江貴文ライブドア社長は小学生の頃から

PRESIDENT(プレジデント) を読んでいたという。

今も経営関係の雑誌にはよく目を通しているという。多くの情報を得ることでメディアに振り回されない未来予測がつくという。月間雑誌の情報というのは新しいので今を判断する上で役に立つのではないだろうか。

写真は昨日個人演説会で壇上より腰をかがめ若い有権者と握手するホリエモン。
最終日いつもの黒Tシャッから広島カープ情熱の赤Tシャッに着替えた。若者と公明党の支持を得ているようだが苦戦をしいられている。


上昇志向を持つビジネスマンたちの"成功への羅針盤" BOSS(月刊ボス) - 経営塾
などにも◆30代社長の育ち方、金の使い方 堀江貴文(ライブドア社長)直撃インタビュー「オレ流の原点は少年時代の親の暴力」と30代起業家列伝などの記事があった。
posted by メナモミ at 17:23| Comment(1) | TrackBack(3) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。