2005年11月11日

Network Magazine(ネットワーク マガジン)

ネットワーク マガジン今日のニュースでインターネットバンキングの利用者に「スパイウエア」と呼ばれるウイルスをメールで送りつけてIDやパスワードを盗み、自分が管理する口座に勝手に預金を送金させるという犯罪が報道されています。スパイウエアーを送りつけるのに他人の無線LANに勝手に接続していたようです。インターネットが普及するにつれセキュリティを破る技術もすすんでいたちごっこですがせめて泥棒にはいられないように鍵だけでもかけておきたいものです。Network Magazine(ネットワーク マガジン)の今月号でも無線LANセキュリティの深層とゆう特集が組まれています。あいまいな理解は危険!2005/07/24発売号の記事でも警察庁調査でわかった情けない実態 企業ネットワークの「課題」と「対策」 が載っています。 サイバー犯罪条約を知っている企業は1割のみ などという記事も。私のパソコンも結構スバイウエアに置かされていたりしたこともあります。ネットワークとセキュリティの知識を深めたいものです。雑誌を安く買う方法


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。