2005年11月06日

日経ビジネスという週刊雑誌

日経ビジネス
日経ビジネスは毎週月曜日に発売される日経BP社の雑誌です。今発売されている特集はグーグルとアマゾン。どちらもネット社会の巨大なマーケットをリードしている会社。宣伝の手法に口コミ情報を大事にする。アフェリエイトのプログラムを提供することで伸びている会社です。

グーグルのアドセンスというプログラム。自分のホームページにそのhtmlテキストを付け加えると自分のホームページの内容に即した広告が自分のホームページに付け加えられる。それをだれかがクリックするとそれだけで報酬がもらえるというものです。そのキーワードは人気のものは広告料金が競争入札みたいにだんだんと高くなる。わたしもアフェリエイトの一環としてすこしいれていますが1クリック0.1ドルぐらいなんですね。しかしすごいのもあるのです。日経ビジネスの目次に言葉の市場が出現「キャッシング」に1クリック3517円という見出しが。やはり消費者金融系で稼いでいる人が多いのですね。私はどうもそういうのは敬遠していました。


金利が年20パーセントなんてすすめられない。計画が甘い人はすぐ借金地獄になります。国は国民から1パーセントで借金して国民や中小企業は利息でしかかりられない。確かに返済にたいする信用度にちがいはありますがこれはおかしい。そんなこと考えてしまいました。だがその高い広告料金を払っているのはアフェリエイターのようですね。それほど金利が高いので新規の客を導入すれば金融会社としても報酬をだせるというわけ。いちばん損をするのはお金の利息を払っている人ですね。メナモミ
posted by メナモミ at 21:48| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このブログは文中にかってにアフェリエイトリンクが付くしくみ。ここでも人気の言葉「キーワード」「キャッシング」「消費者金融」にリンクが自動的につきましたね。
Posted by 雑誌を安く買う方法 at 2005年11月06日 21:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。