2005年09月21日

月刊ダイバー ダイバー社発行のダイビング専門誌

月刊ダイバー
月刊ダイバーというダイビング専門の雑誌があります。空気タンクを背負って海の中を泳ぎ楽しむ趣味を私もやっていましてずいぶんこの雑誌月刊ダイバーにもお世話になりました。

夏が終わっても水温はまだあまり低下していない今からの時季が実はダイバーにとっても快適なダイビングの時季です。夏ほど気温は暑くないし人も多くないので私も沖縄は高知の方へこの時季に行っています。そんな時何処のダイビングショップを選びどんなダイビングポイントでどんな魚を見るかというのは潜りに行く上で知りたい情報。それを満たしてくれるのがこの
月刊ダイバーでした。写真も多く、美しい。レポートも偏りがなく詳しい。ぜひ売り切れで泣かないためにも年間定期購読という方法がいいでしょう。

月刊ダイバー関連した雑誌に◆マリンダイビングダイビングワールド海と島の旅 などあります。


posted by メナモミ at 15:24| Comment(2) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
ダイビング雑誌はいくつかありますが、月刊ダイバーは内容がお茶けていない分硬派なイメージがあります。また、デザインが変わりなんだか洗練された印象になりました。
Posted by tomo at 2005年09月22日 11:45
tomoさん書き込みありがとうございます。
私は月刊ダイバーのカメラマンと潜ったことあります。フリーの赤木さんですが地上では食べ物の写真とったりレポートをかいたり大変ですが写真が自分のものになるので写真をとるにもやりがいがあるとおっしゃってました。ここが専属とフリーの違いでしょうね。専属は無難に早く撮って休む。
Posted by メナモミ at 2005年10月30日 21:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

月間ダイバー 10月号はケラマ特集
Excerpt: 夏も終わりなんとなくさびしい気分ですが、実は今からがダイバーの私としてはわりと潜りに行きます。実は水温は気温に遅れて下がるのでまだまだ海は暖かいのです。地上は夏ほど暑くなく広島から四国へのクルージング..
Weblog: ケラマ大好き 海 島 魚 
Tracked: 2005-09-21 17:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。