2005年10月31日

フィナンシャルジャパン 幸せな資産家

フィナンシャルジャパン
フィナンシャルジャパン
『ユダヤ人大富豪の教え』『スイス人銀行家の教え』の著者の本田健さん雑誌フィナンシャルジャパンで「幸せな資産家」の投資の秘訣と題して書いている。投資というと株や為替の取引関係をすぐ思いつく。そんなすぐ1億2億もうかりますみたいな本が多いがここでは幸せな資産家は、「自分への投資が、最も確実でリターンも大きい」といっている。そんな堅実で確かな情報をのせるこのフィナンシャルジャパンは信用ができるきがする。ネット利用でデートレードができる時代になったがその90パーセントは敗北しているのが現実。自分のお金を確実にいかに減らさず投資するかを考えるのにいい雑誌ではないだろうか。それがこれからの日本と私達の将来を幸せにするかどうかの鍵を握っているように思う。メナモミ
posted by メナモミ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan

ニューズウィーク日本版
ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanという雑誌の2005-11・2号のfoodの所にパワーフーズで病気知らずの体をつくるいう話題がのっていた。これは日本人の好きな話題。どんな食べ物が健康にいいかというもの。ザクロの抽出物が前立腺癌を抑制。キウイには、アスピリンのように血圧を下げる働きもあるしビタミンCも多い。リンゴはぜんそくのリスクを軽減し、肺癌を予防する可能性がある。スパイスは抗酸化作用が大きい。私はスパゲティをよく作って食べるがオリーブオイルは健康な体をつくり、とくに心臓にいいという。エクストラバージンオイルには抗炎症作用があり心臓病や大腸癌、アルツハイマーなどの防止に役立つみたい。ダークチョコレートも抗酸化作用があり、血圧を下げて血流をスムーズにするらしい。こんな話ものるんだなと関心したがこれは日本版だけかもしれませんね。メインな話題は小泉さんの靖国神社参拝に関連した「靖国反日のまぼろし」中国や韓国の反日感情の実像はいかなるものかニューズウィーク日本版らしい話題ですね。 雑誌を安く買う方法
posted by メナモミ at 20:42| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

正論 メディア排除佐藤栄作とホリエモンの場合

正論
正論という雑誌の11月号で衆院選で広島6区から出馬したホリエモンことライブドア社長、堀江貴文が落選した翌日9月12日の記者会見でNHKテレビを締め出したことと、昭和47年6月、佐藤栄作元首相元首は退陣会見で新聞をしめだしたことのを対比させた論調がある。この正論という雑誌は世界を客観的に読者に考えさせる材料を与えていて他誌にない論点がありおもしろい。メナモミ
posted by メナモミ at 21:06| Comment(7) | TrackBack(0) | 総合・文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CanCam (キャンキャン)

anCam (キャンキャン
CanCam (キャンキャン)という雑誌今若い女性に大人気なのがこの雑誌。ここにでてくるモデルが素敵。エビちゃん山田優ちゃん熊澤枝里子、西山茉希、徳澤直子、麗菜、 渡香奈、大桑マイミ、堀内葉子 。OL1年生20から25歳ぐらいまでの女性に支持されています。

今月の大特集はCanCam×人気ブランド61発。ルイ・ヴィトンや カルティエ、ティファニーなどの最新情報も見逃せません。メイキャップやスキンケアー美しくなる情報があります。これで見つけてお買い物する人も多い。30代の読者もいます。
posted by メナモミ at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

フィガロジャポン(Figaro Japon)

フィガロジャポン
フィガロジャポンという雑誌
写真が美しく旅やファッションの特集が魅力的ですね。本屋で立ち読みしてあとで買おうとするともうないという事がよくあります。そんな時はやはり毎月自宅へ定期的に届けてくれる年間定期購読は魅力的です。雑誌を安く買う方法ではフィガロジャポンという雑誌を年間定期購読する取扱店を紹介しています。今発売11/5号は映画特集。パリの感性をあなたも身につけてみませんか。
posted by メナモミ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(1) | ファッション雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

JR時刻表は時刻表検定試験に必携

JR時刻表

旅の計画にかかせないのが時刻表。
鉄道・運輸業界・観光産業に関係する仕事をする人は仕事の中でも利用することが多い。そんな時刻表の使いこなしができるかどうかという時刻表検定試験というものが1999年に始められている。今年は10月31日が願書の締め切りで11月20日に全国の16都市で試験がある。JR時刻表2005年11月号(10月20日発売)持ち込み試験に利用するわけで今読んでいる人がいつもより多いのではないでしょうか。制限時間90分の中でたとえば

JR東海道本線から次の各線へ乗り換える場合、その接続駅として間違っているものは、次のどれか。

(1)JR身延線 富士駅
(2)大井川鉄道線 島田駅
(3)天竜浜名湖鉄道線 掛川駅
(4)JR奈良線 京都駅

など4択の設問に答えることになる。



posted by メナモミ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

リベラルタイム11はホリエモン特集

リベラルタイム
堀江貴文の研究と題する特集が10月3日発売の月刊リベラルタイムに載っている。

子供の頃はめだたない古墳の好きな少年。久留米大学付属中高校へ片道18キロの道を自転車で通学。ライブドアはフジテレビとの和解で1400億の資金を得たがそれは自社株の水増しで得た資金。Dキュービックによる月525円の無線ラン事業。ジャスダックホールディングの買収。108億はイーファイナンス事業。主にビットキャッシュとライブドア証券が売り上げをしめる。競馬、放送局、携帯電話外資が入れない所を抑え外資の投資を得る戦略。選挙音痴で逮捕されるような発言。など興味深い記事がありホリエモンはまだまだ注目の人。

雑誌を安く買う方法でも月刊リベラルタイムを紹介しています。
posted by メナモミ at 18:12| Comment(0) | TrackBack(1) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

日経ビジネスでホリエモンの選挙後後日談

日経ビジネス
日経ビジネス9.19
で堀江貴文氏ライブドア社長券最高経営責任者勝ってたら首相も見えたという記事があった。

亀ちゃんに対抗して負けたホリエモン。民主党の岡田代表に郵政民営化賛成と言わないと政権交代はできないと言ったが岡田さんにそれはできないと言われ失望。自民党武部幹事長にてんびんにかけているなどと言われ比例で重複立候補できなかった事。自民党で社長をやめないと公認できないと言われた事。飯島首相秘書官とそのことでやりあい最後は無所属で立候補になった事。選挙費用は宿泊費も含め2000万かからなかった事。常石造船の社長の姉神原弥奈子さんと友人であったので関係者にボランティア援助してもらった事などの記事を興味深く読んだ。
posted by メナモミ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

週刊東洋経済は日本の株・経済・経営の情報がわかる週刊誌

週刊東洋経済

株のバイブルともいえる会社四季報を出している出版社の中心雑誌がこの週刊東洋経済10月3日発売号でも国際経済日本企業の情報はもちろん今活況を呈している株についても特集している。

入門株式投資ではケータイでカブ入門−お昼休みを使って小金持ちとか伝説の投資家・竹田和平氏の投資銘柄徹底研究など得意の株取引の情報が盛りだくさんである。週刊東洋経済の株での王道の情報だけで安定して儲けている投資家も多いのではなかろうか。

また名古屋特集で・ 名古屋企業のポスト万博対策−反動減をどこまで抑えられるのか?といった地方都市の地域経済特集もあり面白い。

この雑誌も定期購読すると割引が高いのでオンラインでの予約をお勧めする。

posted by メナモミ at 17:30| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

週刊戦艦大和を作る

週刊戦艦大和を作る

週刊戦艦大和を作るという雑誌があります。最近呉に大和ミユージアムが出来、映画などなにかと戦艦大和ブーム。デアゴスティーニ・ジャパンという出版社からも週刊戦艦大和を作る雑誌が9月6日に創刊されています。

金属と木でできたパーツが毎号ついてきて90号で250分の1スケールの精密な戦艦大和の模型が完成するという本格的なもので金額ははるものの熟年世代のロマンをくすぐり売れ行きも好調のようで雑誌のフジサンでも9月いきなりランキング3位にノミネートされていてびっくりしました。

今年の4月呉の入船山記念館で金属製の大和の模型を見ましたがやはりすごい。その後にオープンした呉の大和ミユージアムも近いうち訪ねてみたいものです。

こちらは呉の入船山記念館の戦艦大和の模型
戦艦大和の模型
posted by メナモミ at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。